算数(計算)の特長

算数(計算)の特長

計算は積上げ型の学習のため、ひき算ができないのはたし算の、わり算ができないのはかけ算の習熟が不足している、という考え方に基づいて各単元をマスターしないと先に進めない設計になっています。

中学での学習についていけず、短期間で学力を向上させたい生徒にも向きますが、自習で進めるので、学年を追い越すこともできます。

「算数/計算」の特長

  • 「代数計算」に特化したカリキュラム
  • 最短コースで学力を伸ばす、無学年ステップアップ構造の問題配列
  • 多くの生徒がつまずく「分数」を徹底カバー
  • できるようになるまで、徹底して 反復させて実力が定着

算数の教材内容

おさらい先生の算数は、効率良く学習できるように無学年制で23のステップに分かれています。「診断モード」というテストにより生徒の実力を測り、23のステップの中から最適なスタート地点を見つけます。

  1. つぎのかず(たす1~10まで 19+9=など)
  2. 逆のかずかぞえ (ひく1~10まで)
  3. たしざん (たして10~50~)
  4. ひきざん( 2ケタ―1・2ケタまで)
  5. 足し算の筆算 (3ケタ+1~3ケタまで)
  6. 引き算の筆算 (3ケタ―3ケタまで)
  7. 掛け算(九九)( 九九)
  8. 掛け算(筆算1)(3ケタ×3ケタまで)
  9. 掛け算(筆算2)(3ケタ×3ケタまで)
  10. 割り算  (あまりある割り算まで)
  11. 割り算(筆算1)(3~6ケタ÷3ケタまで)
  12. 割り算(筆算2)
  13. 割り算(筆算3)
  14. 分数 (帯仮分数の変換)
  15. 分数(演算1) (分数の割り算まで)
  16. 分数(演算2)
  17. 分数(演算3)
  18. 小数1 (小数の割り算まで)
  19. 小数2
  20. 四則混合1 (3コの分数の加減から四則混合算)
  21. 四則混合2
  22. 四則混合3
  23. 四則混合4

必要なところを必要なだけ反復

左の図は、1、2(青色)のユニットが順調に進んだ生徒が、でつまずいています(赤色)

ユニット3は計4回もチャレンジして突破、4のユニットへと進んでいます。

この生徒にとっては、ユニット3の「4回」という回数が習熟のための必要な反復回数だったと言えます。やり直すたびに正確性もスピードも向上し、習熟に近づきます。

生徒事例

学習実例を見てみましょう。中学1年生の生徒が、約9ヶ月でわり算から四則混合の計算までをリカバリーした例です。進度グラフは下のようになりました。

進んでは(青)繰り返したり戻ったり(赤)を繰り返しながら、根気強くおさらいしてきたことがわかります。小学校分野の基礎計算を習熟しただけですが、中学での偏差値も大きく伸ばしました。